前へ
次へ

転職をする場合営業求人を確認しておこう

今まで勤めている会社を寄せる場合には、転職をする人が多くなります。
中には独立する人もいますが、多くの場合あの会社に転職して新しい収入源を確保するわけです。
ただ実際に転職するとなれば、職を選ぶことができればよいですがなかなか職を選ぶことは難しいことも少なくありません。
多くの場合、営業求人になります。
営業求人に持ち込むためには、自分が営業に向いてるかどうかを判断しなければならないところです。
営業の種類にもよりますが、フルコミッション制などを採用している会社の場合には、契約が取れない限り全く収入が入りません。
もし、これから営業を始める場合には、そのような知識も事前に確認をしておく必要があります。
ただ、日本ではあまりフルコミッション制を採用している会社はありません。
もしかしたら、外資系企業などではそのような会社があるかもしれませんが、通常は基本給があり、そこに営業の件数に応じて収入が入る仕組みです。
例えば、営業を一件取れた場合その月の給料に0000プラスされる仕組みなどでなるでしょう。
場合によっては、基本給は少ないけどもボーナスがたくさんもらえることもあります。
いずれにしても、基本給がどれだけもらうことができるのかを確認しておかなければいけません。
それに加えて、自分自身が営業行為に向いているかどうかも判断しておきたいところです。
基本的に営業行為は頭を下げる仕事になりますので、普段から頭を下げることを苦手としている人はあまり営業には向いていません。
例えば、あまり頭を下げることがない公務員の仕事などは営業とはほとんどつながりがないため公務員をやめて営業マンになる人は少ないです。
もちろんそれでも、頭を下げる覚悟があれば特に問題ないでしょう。
後は、自分自身が技術を磨いていくことが必要になります。
基本的に営業に向いている人がいるわけではなく、自分自身がどのように勉強していくかによってその結果が全く異なると考えてよいでしょう。

none

Page Top